【画像付】初めてのUber eats使い方|注文方法をまとめてみた

暑いですね。。。暑すぎて外に出たくありません。。。

日本の夏、暑すぎてオリンピック無理すぎませんかね。。。

こんな日はランチに外に出るのが億劫になります。

そこで!初めて使ってみたのが「Uber eats(ウーバーイーツ)」です。

最近、都内で緑のUber eatsと書かれたリュックみたいなのを背負った人を見かけるようになりました。

実際に使ってみると、どんな感じなのかレポートしたいと思います。

Uber eatsとは?

まず、Uber eatsとはなにかをおさらいしておきます。

簡単に言えば「出前」ですw

スマホのアプリで簡単に注文できることと、約1000円くらいでランチが届けられるという手軽さに魅力があります。

ちなみに、競合アプリとして「楽天デリバリー」があります。

楽天デリバリーも調べてみましたが、最低金額が「1620円〜」というものが多く、使いづらいなと感じました。

Uber eatsはマクドナルドなど比較的、手軽な値段で利用できるお店も数多くあります。

値段面で見ても、Ubea eatsが良いサービスだなぁと軽く比べた感じで思いました。

Uber eatsの使い方・注文方法

さてさて、実際にアプリを使って注文したやり方をご紹介していきましょう!

アプリストアでUber eatsをダウンロードしましょう!

アップデートが溜まっていたので、この後消化しましたw

アプリを起動すると、電話番号認証が行われます。

電話番号にPIN(パスワード)が届くので、入力しましょう!

次はログイン時に使うパスワードの設定です。

いつも使うやつで問題ないとは思いますが、クレジットカードを登録しますのでパスワードには注意してください。

自宅を登録する為、位置情報を登録します。

位置情報の取得は使わないときは切断しておいてもいいでしょう。

家の近くのスポットが表示されます。

マクドナルドが見えていますねw

今回は大阪王将にしました!

餃子の王将が近くにないのが残念です。。。

注文内容を決めたら、支払い方法を選択します。

  • クレジットカード
  • PayPal

この2種類の方法で支払いが可能です。

商品代金に加えて配送料として「380円」が必要になります。

ランチ代としては割高ではありますが、家から出なくて良いというメリットは計り知れませんw

こんな感じで注文の配送状況が表示されます。

タクシー配車のUberと同じように、いまどこを走っているか表示されるので楽しい仕組みとなっていますw

普段はインターホンが鳴っても居留守している私にとっては、来るタイミングが読めることはありがたい機能です。

無事に到着!美味しかったですw

まとめ

Uber eatsくそ便利!

激アツです!

ぜひ使ってみましょうw

わいのお友達紹介コード貼っておきますね。

eats-8dqnoo

これ、アフィリみたいに紹介者総取りではなく、あなたに1000円のクーポン、私にも500円のクーポンという仕組みなのでぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です